×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

借りやすい消費者金融とは

最近何かと話題の消費者金融とは、一般の人を対象にした小口融資のことをいいます。一定の限度額の範囲内であれば何度も利用することができるうえ、無担保・無保証で融資を受けることが可能です。急にお金が入り用になった時や給料日前のピンチの時などに役立ちます。現在、出資法という法律によって消費者金融の金利は上限が決まっています。年利29.2%で利子は日割りでつきます。よくテレビコマーシャルで名前を耳にするような大手消費者金融会社の金利は、この上限より少し下回るくらいの設定です。消費者金融を利用するためには、まずは自分の年収や勤続年数など諸々の審査を受けなければなりません。審査の結果、その人に貸し出しが可能か限度額は幾らかが決まり、その範囲内で利用することになります。審査基準は各社によって異なりますが、借りやすい人には一定の傾向があります。比較的借りやすい消費者金融というのは、この審査が甘いところでしょう。また、インターネットや無人機での簡単なやりとりで審査が終わる消費者金融は審査豊富が手軽で借りやすいといえるでしょう。さらに金利が低く、借りることができる限度額が高いところが、融資の面から見ると借りやすい会社といえるでしょう。これらが借りやすい消費者金融のチェックポイントです。自分なりにインターネットなどで調べてみるといいですね。

学生向け女性向けの消費者金融

どこの消費者金融でも、融資が通りやすい人というと収入が安定している社会人でした。しかし、最近は審査に通りにくそうな人を対象とした商品も数多く出ています。利用者を増やすために学生や主婦、正社員ではない人でも借りやすい金融商品を作っているのですが、金利は一般の消費者金融よりどうしても高くなります。例えば学生ローンは、学生を対象としているローン商品です。学割を使えることもあるので、学生にとっては通常の消費者金融を使うよりは割のいい商品もあります。保証人や担保がなくても、学生証のコピーがあれば融資を受けることができます。20歳以上であることが条件ですが、大学生や短大生だけでなく、予備校生や専門学校生でも融資を受けることができます。融資を受ける時に家族への連絡もないので、家族の存在を気にすることなく借りることができます。その他にはレディスキャッシングがありますが、これは女性が借りやすいように作られた消費者金融商品です。レディスキャッシングは女性なら専業主婦でもアルバイトでも利用することができるキャッシングローンです。借りやすい環境をつくるために、融資をした時に家族に連絡するようなことはありません。一口に消費者金融といっても、会社の特徴も取り扱っているサービスの内容も様々です。自分にあった借りやすいところから借り、そして借りたものは確実に返しましょう。

消費者金融の金利が高いのは?

消費者金融の金利が高い理由。消費者金融は、簡単に早く借りられますから、銀行から借りられない人が利用します。その場合は金利が高くても、他から借りられないから仕方なく利用します。需要が多ければ、金利を安くする必要が有りません。又、返済能力の低い人がかりますから、当然、消費者金融の回収率が低くなり、貸倒が多額になりますから、その損失を補うためにも金利を高くする必要が有ります。消費者金融の金利が低くなっても、ほとんどの人は、以前のローンの返済に次の消費者金融から借りて返済するという繰り返しですから、新たな消費にはそれほど回りません。それにしても、消費者金融はどこも法人所得の上位に入っていますから、儲けすぎている感じがします。また、、銀行は消費者金融業者には喜んで金を貸しまくっています。銀行にしてみれば一般の中小企業よりも返済に関しては一番リスクのない融資先であり、相手の株式も所有しています。

Copyright © 2007 - 消費者金融金利【学生・女性向け】